「強み」=「才能」

僕は昔から、自分の「強み」「いい所」「長所」と言った質問が大嫌いです。 なぜなら、答えられないからです。分からないんです。 人に「責任感があるところだよ」「真面目なところだよ」「笑顔がいいよ」等と褒めていただけるんですが、自分のことなのでその分裏の面も分かってるわけで… まぁつまり、素直に受け取れなかったわけです。 「う〜ん、そうなのかもだけど、外面だな〜」って それはたぶん、僕自身が自分に自信が無いわけで、そんなことを人に言ったところでしょうがない訳で、精一杯生きて身に付けていかなければいけないところなんでしょうが、今の時代SNSなどを見てもあまりにも皆「他人に認められたいために作ってる」ような気がしてしまい、それも違うよな〜と思ってる訳です。 ここまで散々ネガティブなことを書いたわけですが、そんな僕でも自信を持って強みを主張できる、信頼してる「ツール」があります。 それが、『#ストレングスファインダー』です。 結局ツール頼みか、と言われてしまいそうですが、僕がなぜ信頼してるかと言うと、 ①たくさんの人を研究し分析した上での診断ツールであること