• YasuakiModa

「強み」=「才能」

僕は昔から、自分の「強み」「いい所」「長所」と言った質問が大嫌いです。


なぜなら、答えられないからです。分からないんです。

人に「責任感があるところだよ」「真面目なところだよ」「笑顔がいいよ」等と褒めていただけるんですが、自分のことなのでその分裏の面も分かってるわけで…


まぁつまり、素直に受け取れなかったわけです。

「う〜ん、そうなのかもだけど、外面だな〜」って


それはたぶん、僕自身が自分に自信が無いわけで、そんなことを人に言ったところでしょうがない訳で、精一杯生きて身に付けていかなければいけないところなんでしょうが、今の時代SNSなどを見てもあまりにも皆「他人に認められたいために作ってる」ような気がしてしまい、それも違うよな〜と思ってる訳です。


ここまで散々ネガティブなことを書いたわけですが、そんな僕でも自信を持って強みを主張できる、信頼してる「ツール」があります。

それが、『#ストレングスファインダー』です。


結局ツール頼みか、と言われてしまいそうですが、僕がなぜ信頼してるかと言うと、


①たくさんの人を研究し分析した上での診断ツールであること

②人の「強み」に着目し、それを4分野・36の資質(才能)に大別していること

③診断は100問程の質問に答えた上で、資質がより濃く出てるものから順位化してくれること

④その「強み」を言語化してくれること

⑤さらに「強み」は、強い1個が影響してる訳ではなく順位の高いものから色濃く影響し合い、個々人で全く違う「強み」として出ること


などなどです。

なんか難しそうだな〜、と思う方もいるかと思いますが、実際にそれをより分析して生かそうと思うと、少し大変だと思います。


でも僕が何が1番助かったかって、自分の「強み」を言語化出来たことです。

今まで自分の中で「弱み」だと思ってたことも、実は「強み」であったと自覚出来たことです。


自分の良さや強みが分からない方、あるいは言語化が難しい方、興味がある方はぜひ1度受けてみてください。

本、もしくはネットでシリアルコードを取得することで、簡単に受けられます。

本だったら『#さぁ、才能に目覚めよう』等にあります。



受けてみた方、ぜひ結果を共有して一緒に深めていきましょう!

僕は将来的には、「#ストレングスコーチ」というものにもなりたいなと思ってます。

要はこのストレングスファインダーのコーチですね。


将来的にとは言ってもだいぶ先の予定ですが、取得した際にはご紹介したいと思います。


ちなみに、僕の強みは画像の通りです。 上から順に、強い順です。



1番上が「#慎重さ」で、一番下が「#ポジティブ」 知ってる人は爆笑ですよね!笑

0回の閲覧

©2019 by マイサイト. Proudly created with Wix.com