• YasuakiModa

コロナ撃退応援します。

・現在のコロナの状況

・改めてコロナとは?

・現在行われている一般的な対策

・家に引きこもりだと、どうなるの?

・これらから考えられる一人一人の対策

・コロナ撃退応援キャンペーン

こんにちは!

パーソナルトレーナーの茂田です。


とうとう沼津周辺の富士宮、長泉町でコロナ感染者が出ましたね。

静岡県内は4月3日時点で16人。

沼津もそう遠くなさそうです。


これを悲観的に捉えただ身構えるか、前向きに捉え備えるか、

その選択次第で自分が、あるいは周囲の人が陽性と出た時の対処が変わると思います。


このブログを最後まで読んでくださった方は、間違いなく前向きに備えようと考えている人ですね^^



【現在のコロナの状況】


4月3日現在の日本では(東洋経済オンライン参考)、

PCR検査人数 36,687名、感染者数 2,541名、患者数 1,808名、重症者数 64名、退院者数498名、死亡者数 63名 です。


特に重症者はやはり、30代から高齢になるほど多い印象です。


全世界では、感染者 972,640名、死者 50,325名、感染地域 207カ所です。



これだけの国と地域で感染が確認されており、日本でも最近のニュースで急速に増えてる感がありますが、現状日本では「緊急事態宣言ではない」とのことです。


では、“緊急事態宣言”とはなんでしょう?


緊急事態宣言は、「新型コロナウイルス感染症が国内で発生し、その全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼしているとき、または、そのおそれがあるものとして感染経路が特定できない、あるいは感染が拡大していると疑うに足りる正当な理由があるとき」(新型インフルエンザ特別措置法(以下、単に法という)第32条、施行令第6条)に、期間、区域、概要を定めて発出される。緊急事態宣言が出されたときに、各種の要請・指示を行うのは、当該地域が属する都道府県の知事である。


この文面を見る限りは十分緊急事態だと思うのですが、うーん難しい…。

ですが、東京や大阪を中心に「不要不急の外出を控える」旨のお願いは既に以前から出ており、いつ急速な蔓延により宣言が出されるかわかりませんね。


では、コロナとは実際なんなのでしょう?(以下、厚生労働省HPから抜粋)



【改めて、コロナとは?】


そもそもコロナウイルスは全部で7種類あり、そのうち4種類は一般的な風邪の原因の10~15%を占め、残りは2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」と2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。


あと一つが、今回の新型コロナウイルスです。

現在はまだこのウイルスに効く抗ウイルス薬はなく、対症療法のみの実施となっています。



コロナウイルスの感染経路は、①飛沫感染(くしゃみや咳)と ②接触感染(くしゃみや咳を抑えた手で触ること等)です。現在の所、感染方法としてはこの2つのみです。


例えば、空気感染・ペットから人への感染・便・荷物・食品などから人への感染は、現在の所確認されていません。


現在、約1808名の患者の内、498名の方が退院しているそうです。4人に1人以上の方は回復しているようですね。



【現在行われている一般的な対策】


まずコロナウイルスは、熱(70°以上で一定時間)やアルコール(70%以上)に弱いことが分かっています。こまめな手洗いや消毒を行い、調理では生を避け十分な加熱をすれば問題ありません。


その上で、各家庭では以下のことに気を付けます。

①部屋を分ける、もしくは区分けをしたり2m以上の距離を保つ。

②感染が疑われる家族の世話は限られた人のみで行う。特に今は軽症者は自宅療養になります。

③マスクをつける。ほかの部屋に持ち越さず、汚れた場合はすぐに清潔なものに取り換える。

④こまめに手洗いを行い、消毒する。

⑤換気をする。

⑥手で触れる共有部分を消毒する。

⑦汚れたリネン、衣服を洗濯する。

⑧ごみは密閉して捨てる。



今回のコロナウイルスで一番怖いのは、感染経路となる人との“接触”です。

小規模集団クラスターと呼ばれる、一人から多くの集団に感染するケースです。


悲しいことに、スポーツクラブも名指しで言われてしまいました。


特に、3蜜(密閉、密集、密接)です。不特定多数の方が集まる場所で、触れられる距離で、長い時間会話をしたりすることで、感染リスクは大幅に上がります。


そのため、「不要不急の外出は控える」という、安易ですが広げないための方法が政府から要請されていますね。


では、抗ウイルス薬ができるまで、新型コロナウイルスが治まるまで、なるべく家に居れば問題ないのでしょうか?


残念ながら、そんなことはありません。



【家に引きこもりだと、どうなるの?】


まず、外に出ることのメリットを確認しましょう。

・気分が晴れる

・ストレス解消になる

・体力の低下を防ぐ

・最低限の筋力の維持

・太陽に当たることでビタミンD(骨を丈夫にする)が作り出される。


など、分かりやすいところでいうとこんな感じでしょうか?

外に出ないことが、これの逆だと考えれば自然ですね。


特に今回のコロナウイルスに関する一番の問題が「体力・筋力の低下」。

また、ストレスが溜まることによる「自律神経の乱れ」や「免疫力の低下」、そこから繋がる「生活習慣の乱れ」や「睡眠不足」ではないでしょうか?


家に居ると動くことも減るので、自然と食欲が減ることで栄養不足も考えられ、もしくは以前と同じだけ取り続ければ肥満などもあり得るかもしれないですね。


と、こう見ると家に居続けることのデメリットが多いです。


今では、多くの方がSNSで“自宅でできるトレーニング”を動画で配信し「運動不足を解消しよう!免疫力を上げよう!」的なことを載せてますが、そもそも普段やってない方がこれを機にやるかというと、僕はほとんどの方がやってない、もしくは最初だけやっていた、というのが結論だと思います。(笑)



では、どうすればいいのでしょうか?

ここからは、私の個人的見解です。あくまで参考までに、各個人で考えて実践して頂ければと思います。



【これらから考えられる一人一人の対策】


①まず、大前提として3蜜(密閉、密集、密接)を作らないこと。

②屋内ではマスク着用し、汚れたらすぐに取り換える。

③こまめな手洗い、共有部分の消毒

④1日最低30分外に出る。但し、換気が悪く多くの方が集まる場所にはいかない。

⑤長時間同じ場所に居ない、長く話さない、適度な長さ(距離)を保つ。3長?(笑)

⑥軽度でも症状がある人とはなるべく近づかない。どうしても接しなければいけない場合は、最低限に努め、清潔に保つように心掛ける。

⑦使用済みのものは洗浄や、密閉での廃棄を行う。

⑧運動・栄養のある食事・十分な睡眠を心掛ける。

⑨ストレスを発散し、副交感神経を優位にすることを行う。

⑩よく笑い、たまに泣き、ニュースは最低限(良質な情報を仕入れる)しか見ない。



気を付けなければならないのは、アルコールの使い方です。

なんでもかんでもアルコールを使用するのは危険です。


特に手指消毒でのアルコールの使用は、人間が誰でももつ皮膚の常在菌すらもキレイさっぱり殺してしまいます。本来であればこれらの常在菌のおかげで、人間はある程度の菌にも強くなり、免疫力を保てます。


ですが、今回のようなウイルス対策として行く先々やこまめなアルコール消毒を行うことで、自らの免疫を下げてしまうことになります。おススメとしては、共有部分やよく使用する物など、不特定多数が触る部分や物などに積極的な消毒を行い、手指はよく手洗いするのが良いかと思います。



さて、ここまで長々と書いてみましたが、私としては職業柄やはり多くの方に自分自身の免疫を上げて、コロナウイルスが入ってきたとしても一人一人が軽症で済み、免疫力や自然治癒力で対処できるのが一番だと思っています。



【コロナ撃退応援キャンペーン】


では、免疫を上げるならどうするか。

やはり、運動・食事・睡眠です。


当サロンでは、そんな皆様の免疫力アップを応援し、一人一人がコロナや他のウイルスに打ち勝てる身体を作れるように、また、日々家で溜まるストレスをリセットできるように、応援キャンペーンを始めました。



落ち着ける場所で、一人一人対応し、適切なセッションを行うため、

<パーソナルトレーニング>と<タイ古式マッサージ>に絞り、コロナが終息するまでこれから始める全ての方に特別料金で提供させて頂くことにしました。



ご予約はこちらから← ※「コロナキャンペーン希望」と記載ください。



密集については問題ありません。一人一人対応します。(※お子様連れも歓迎です)

密閉に関しても、部屋に大きな窓が4つあり、セッション前後で換気させて頂きます。

密接に関しては、私自身マスクをし、お客様含め手洗いと消毒を目の前で行います。


皆様が不安となる障害を全て取り除き、安心して受けて頂ける環境を提供します。


また、必要に応じてオンライントレーニングや、訪問トレーニング&マッサージを実施させて頂きます。訪問の際には、消毒や環境整備にご協力をお願いします。


以上の事をお約束し、ご自身の体力低下・免疫低下など気になる方は、ぜひご連絡ください。


ご利用頂けた方には、運動・食事・睡眠に関し、さらに詳しい免疫力アップの秘訣をお教えしますね♪


その他、ご不明な点や不安がある方は、一度お問い合わせください。


いつ終息するかわからない新型コロナウイルス。

不安なままで、受け身のままで、不満を抱いたままで終わらないようにしましょう!


「自分が罹ってると思ったうえで、最善の対策をしていく」


私はこれが、一つの答えだと自信をもってお答えします。



ご予約はこちらから← ※「コロナキャンペーン希望」と記載ください。



茂田

131回の閲覧
 

©2019 by マイサイト. Proudly created with Wix.com