• YasuakiModa

世界無形文化遺産の異名は「世界一気持ちいい」

最終更新: 4月4日

・「タイ古式マッサージ」とは?

・タイ古式マッサージの特徴

・施術効果

・トレーニング×タイ古式マッサージ=「最強の心身調整法」

こんにちは!

パーソナルトレーナーの茂田です。


皆さんの中でもマッサージを定期的に受けている方もいるかと思いますが、「タイ古式マッサージ」を受けたことはございますか?



【タイ古式マッサージとは?】


タイ古式マッサージは、タイ発祥の2500年の歴史がある伝統的なマッサージです。

ブッタの主治医であったインドのシワカ・コマラパ師が開祖と言われ、仏教とともにタイに伝わり現在まで受け継がれています。


マッサージというが、手技には指圧による揉み動作だけでなく、手掌や肘や足を使ったテクニック、ストレッチによる伸ばし動作やヨガのようなアクロバティックな体位をとる手技と様々あります。


また、「古式」と名前がつくが、元々はタイ王国の伝統医療の側面があり、そこに

西洋近代医学を取り入れたアレンジも加わることで、より効率的で実践的なスタイルに確立されてきました。



【タイ古式マッサージの特徴】


タイ古式マッサージは、凝りをほぐすだけでなく、全身の血行を上げて細胞ひとつひとつにまで酸素や栄養を運び、本来の体調を取り戻すことで、自然治癒力を回復させ、健康的な精神と肉体を取り戻すという施術法です。いわゆるクイックマッサージのように短時間で部分的な凝りをほぐすのではなく、ゆったりと時間をかけて全身を施術します。


他の施術法との違いは以下です。


1.2〜3時間かけてゆっくりと行う。

2.足から行い、筋肉・血管・神経を刺激し血液の循環を促す。

3.エネルギーライン(セン)を中心に、脚にこだわる。

4.脚部をじっくりとほぐした後は、腕や腹・背・腰・肩・首・頭部や顔など、全身をほぐす。

5.別名「2人ヨガ」とも呼ばれ、施術を受ける側にヨガのような体制を取らせるだけでなく、セラピスト自身もヨガのような体勢を取るストレッチがある。


さらに、上記のことからも全身の筋肉を包む筋膜を緩め、整えることができます。

いわゆる「筋膜リリース」ですね。



【施術効果】


また、タイ古式マッサージは瞑想のような状態で行うものです。

眠りとは違うα波、脳波のまどろんだ状態でリラックスした状態、決して力まかせに押すのではなく、瞑想に近い状態を自然と作り出し、ゆったりと施術を行なっていきます。瞑想法を伴った呼吸法により、圧迫では押すときにゆっくりと息を吐き、緩める時に息を吸います。


タイ古式マッサージを受けることにより、以下の効果が期待できます。


1.関節可動域の向上…筋の拘縮が緩和し、関節可動域が向上します。

2.自律神経の調整…自律神経のバランスが整い、副交感神経が優位になります。

3.呼吸の安定…呼吸が深く長くなり、半覚半眠の状態を体験できます。

4.整体効果…様々な疼痛の緩和や、身体の歪みの改善が期待できます。


また本国のタイでは、頭痛や腰痛、肩凝り、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え性、便秘、アレルギーなど、数十種類の症状や慢性病に対して、改善や予防効果があると言われています。


よく「痛そう…」といったイメージをお持ちの方も多いですが、決して痛みを伴ったり無理な姿勢を強いたりするマッサージではなく、半覚半眠の心身ともにリラックスした癒しのマッサージです。


2019年には「ユネスコ無形文化遺産」にも登録され、世代を超えて継承するべきものとして、誰もが認める伝統あるマッサージとして確立されました。


多くの方にこの素晴らしいマッサージを体験していただきたい。

そして、定期的なメンテナンスとして生活の中に取り入れて頂きたいと考えています。


当サロンでは、初めての方でもまずは気軽に体験して頂きたいと思い、体験料を設定しています。


ストレス社会の現代、日々の生活に疲れ癒されたいと思っている方、ぜひ一度体験してみませんか?


体験はこちらから


←【トレーニング×タイ古式マッサージ=「最強の心身調整法」】は次の投稿でご紹介!



 

©2019 by マイサイト. Proudly created with Wix.com